自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Team Eye maskさんの
僕の心は雨のち晴れ
青空は続く、どこまでも―――
雲一つなく、限りなく無に近い青空を見つめる少年望月空は、過去に心を飛ばす。
ただ一人傍にいてほしいと思った少女の笑顔を繰り返し、自らの罪で心を殺す。
異常気象か天変地異か、もう一週間も快晴は続いていた。

しかし、彼は知っている――雲一つない空でも雨が降るということを。

天空を埋め尽くすのは不気味なほどに鮮やかな青色。
その青が何を意味するのか、そしてこの青の先に何が待つのか。
自らを過去に置き去りにする少年の心は、空に囚われ続ける。

そして屋上で一人うな垂れる少年の前に、一人の少女が現れた……

選択肢なし ノベルゲーム

ここのサイトさんのProjectⅠの「楽園」っていうノベルゲームは
近未来系ヒーリングADVっつーことで
田舎のほのぼの感を多少感じることは出来るかもしれないが
妹が田舎に住んでいる兄を訪ねてくるところから始まって
再開した時に泣いていたので
何か訳あり?と思ったが、何もなく・・・
帰る時も泣きじゃくっているし
感情過多な女の子だな~と思ったし(←私の感情が希薄なのか?(^^;)
それに人の替わりの労働役のアンドロイドも服装が趣味丸出しだし・・・・w
イマイチ微妙~~なゲームだな~と思ったから
Project Ⅱである「僕の心は雨のち晴れ」はどうしようかと思ったけど
DLしてあったし、やってみた

前半はコメディタッチで
後半シリアス
コメディといっても私には理解不能のノリだったが・・・・・
主人公、空の前に現れた少女、夢乃は性格が破綻しすぎw
後に夢乃が
テンションあげてあげる必要ももうないのかもしれない
なんて思ってる場面があるが
テンションの以前の問題だ~・・・・めちゃくちゃすぎて会話が成り立ってね~っつの
後半はなかなか読ませてくれる
「楽園」を先に読んでたからか、
もっと簡単なお涙頂戴かと思ってたから余計にかもしれないけど

主人公(と、その幼馴染)の過去が明らかになり、
それを引きずっているのも納得いくような表現力
その悔恨と、救いの物語
過去に、人に対して
あの時、ああしていれば・・・・なんて事に身に覚えのある人には
主人公の気持ちがリンクするかも・・・
過去の悔恨を乗り越えた空は格好いい!!
夢乃は黙って主人公の元を去っていこうとするのを、ちゃんと気が付くし
コンサートを蹴って夢乃の所へ向かうし
過去の過ちを繰り返してないw 成長しちょるw
これで、夢乃が空の元を去らなくても大丈夫だった、
なんてオチだったら切なさ台無し~と思ったがそれもなかったしw

最後まで夢乃の正体がはっきりとしたものではなかったけど、それも◎
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanasefutatabi.blog40.fc2.com/tb.php/86-e33ac56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。