自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


波風の詩さんの
Une chaine d'une infraction

昔からずっと見ている夢がある。
何者とも知れぬ男が暗闇の中から私をじっと見つめている夢だ。

苦痛と、悲しみに満ちたその目は私を捕らえて・・逃げる事も
目を背けることも許さない。

彼は決まって私にこう言うのだ。

『・・どうして?』

そして私は悟る、自分が罪深いことを。
どうすれば、その罪を償えるのか・・
それを探して、私は罪を背負って生きていく。


妄想なのか・・現実なのか
嘘なのか真実なのか・・

不可解な物に満ち溢れた
世界へようこそ

訪れぬハッピーエンドを探し
進むも逃げるも貴方次第。

待ち受けるのは
きっと残酷な真実。

病的乙女向け恋愛アドベンチャー

(※注意!ネタばれ有)

EDは
小春にノーマル・Ture・バッド
凍夜にTure・バッド
隠れキャラに・Ture・バッド
綾と詩音はTureのみ
燕は、個別ENDもどきが一個

紹介してくれた希新さん、感謝~~!!
紹介じゃなかったら、サイトさんの少し稚拙さを感じるキャラ絵見てDLしてないと思われ・・・(作者さん、すみません・・・)

まぁ、ちょこっとやってみるか~とはじめたら面白い~♪

文章が好み、絵も稚拙さも目立つけど、オッ!と思うCGがあったり
キャラの描写も巧みに萌え心をくすぐる手腕が見事!!
特に綾、詩音が萌えたw

■凍夜ED
最初に見たのは凍夜のバッドED
あわわわわ
小春との強烈な別れ方の方がショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック
ごめ~ん私小春より凍夜の方が好きみたいw二股( ̄∀ ̄*)イヒッ
・・・ってな甘い乙女ゲーじゃないことを認識させてもらいました・・・
おかげで結末が残酷なのも、そういうゲームなのだ、受け止めることができましたよ

TureED
ちゃんと病院に向かったら意識不明の凍夜が目を覚ます・・・・なんて
甘い幻想を打ち砕いていただきました(^^;)

・・・・・ちょっと甘い(*'ー'*)ふふっ♪って感じを味わわせるくれた後でストーンを落とすのだ
他のキャラはどんな結末を迎えさせてくれるのか?
と、この時点でかなりはまりこむw

■綾ED
最初は携帯が見つからないなんて主人公に電話させ、電話番号ゲットとか
カラオケ行ったことがないってのも、本当かよ~と、かなり胡散臭いw
しかし、綺麗な彼に
「知ってる。秘密にしてね。」なんて言われたら
「(秘密に)する、する、します!!」ってな勢いの私w
う~ん、いいわぁ~
アイドルとの恋愛、お手軽っぽいが私は好きだw
甘い雰囲気でも、次の場面で破綻がくるんじゃないか?とハラハラしたが、割といい感じのED?こんな綺麗な男の子に運命的に好かれてたらウハウハだよw

■詩音ED
攻略は小春シナリオの途中から分岐するんで
どうしても小春の過去が気になるよ~
しかし詩音ルートはいると・・・いや~詩音良いw
(変わり身はやっ、作者さんのキャラの書き方が魅力的だから~w)
結末、救いがあって良かったよ~
でもシオンルートは主人公の「罪の意識を抱える」設定は反映されてないけどw
てか、あなた、主人公より年上だったのね(^^;

■小春ED
バッドED・・・・え・・・これで終わり?

TureED
う~ん詩音攻略よりこっちを先にすべきだったか
大体詩音攻略で小春の状況はわかっちゃってたからなぁ
よくある話に見えてしまった
綺麗な終わり方だけど、これからの葛藤を考えると・・・(ーー;)

ノーマルED
TureEDの後にみると救われるw

■隠しキャラED
こっちも小春に通じるものがある
TureEDでは小春のTureEDより覚悟があるように見えるけど
それは小春のTureED方が相手に対する愛があるから迷いが生じるからだと思われ

■燕ED
燕さん見た目かっこいいからね~
どんな萌え設定がと期待したら・・・
燕さんとラブラブとならないとは思ってはいたが
主人公の罪がなんなのかの新たな真相なんかがあるだろうな~と思っただけに(^^;
つまらない日常回帰
物語にとってはそれが一番残酷な結末なのかもねw

このゲーム、キャラボイスが肝心な時に入る
多少は自分が思うイメージからずれてた人もいたけど(すみません・・・)
割とすんなり受け入れて聞けたかな

それとOPとEDで曲が入ってて
OPの曲いいね~
SLOS / SENTIVEさんの『dischord』王道ロックバラード。(←サイトさんの説明文)

幾つもの悲しみを越えてきとぅぁぁ~♪って耳に残るw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nanasefutatabi.blog40.fc2.com/tb.php/112-f90a6fc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。