自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


賽転さんの
1DK
手錠・密室+うっかり・バカ+短編AVG

眼鏡リーマンを困らせたり怒らせたり呆れさせたりするゲーム。
全年齢対象ですが、ボーイズラブ風味(風味だけ)。

手錠・密室+うっかり・バカ+短編AVG・・・・ってすごい内容説明だな~w

二日酔で目覚めたら
何故か後ろ手に手錠をかけられたサラリーマン風の男が転がっている?
前日、意気投合して一緒に飲んだ男だ~
酔った勢いで狂言誘拐の話で盛り上がって、手錠はめたんだったw
鍵は・・・・どこだっけ?
ってな話

EDは2個

短編だから、サクサク進むし終わるが面白い♪
主人公、伊部クンと
リーマン、相田さんの
(本人たちはそうは思ってないのかもしれないが)緊迫感のない会話が楽しいw

ボーイズラブ風味(風味だけ)も( ̄ー ̄)ニヤリッw
スポンサーサイト


ZIGZAGさんの
40日40夜の雨
休戦が決まって十日余り。
仲間の兵士から「ブリキ」と呼ばれ、孤独に暮らす男は、鄙びた町の宿屋で束の間の平穏を過ごしていた。
ある日、雨の降る町を歩いていた男は、幼い少女を見かける。
雨に濡れながら、空を見上げて泣いている少女を、男は宿屋に連れ帰る。
そして彼女の願いで一緒に暮らし始めることになった。
灰色の空から降り続く雨は、止む気配を見せない…。
 
40日40夜の雨の中、ふたりは出会った。
空色の目をした少女と、ブリキの兵士の物語。

掌編ビジュアルノベル 終末ファンタジー(選択肢なし)

終末ファンタジーってだけあって切ない系

ビジュアルが綺麗で印象的だったが
シナリオの文章と話の運び方も綺麗だな~と、思った

このサイトさんで公開している『夜蝶綺譚』も、サクっとやったことがあるが
これ、同じ人が書いてるの?作風が違うような、似てるような?
シナリオ書いた人を見ると
『夜蝶綺譚』は零一さんという人が書いていて
『40日40夜の雨』夏鳴 零一さんが書いているので
私は一瞬、
零一さん=夏鳴 零一さんで、PNを変えたのかと思ったが
スタッフをちゃんと見たら
鳴海さんと、零一さんの2人ゲーム制作サークルだった
ちゃんと隅々まで目を通せよ私・・・・・

『40日40夜の雨』は2人の共同シナリオか~
夏鳴さんが1人でシナリオ担当してるのは『The noose』か~
やってみよう~って、ちょこっとやったが
ホラーなんだよ!演出が怖そうなんだよ!お姉さんが野菜をザクザク切ってる描写だけで挫折(^^;)
小説だったらいけるが、音、音楽、映像が入るとビビリな私・・・・_| ̄|○
夏鳴さんのホラーじゃないジャンルを読んでみたいぞ

ってか、『40日40夜の雨の中』の感想から外れてるw

切なくて、綺麗で・・・・・
なんか10代の頃にプレイしてたら感銘したかも、と何故か思ったのだった・・・・


Ray Official siteさんの
魔歌使い
出版社を経営する白鳥(プレイヤーキャラ)は、アメリカで社会現象にまでなったベストセラー「MUSE」を日本で翻訳・出版する契約のため、渡米する。
正体不明の覆面作家である「MUSE」の作者「M」は、白鳥の前に姿を現して、こう告げた。

「これから私が語る物語の結末を、悲劇に導いて下さい」

そして、「M」は歌い出す。
王と、奴隷娘と、塔に幽閉された詩人の、奇妙な恋物語を。

ゲームの目的は、いくつかの選択肢を「正しく」選んで、物語の結末を悲劇に導くこと。
枠物語幻想ノベル。

※ 当作品は一部残酷描写を含みますので、苦手な方はご注意下さい。

枠物語幻想ノベル

6個のED
選択肢は多くなく、この選択だとこのEDになった、
じゃあ、もう一個の選択したらどうなったんだろう?と
ロードして他の選択をすると違うEDになり
ストレスなく全てのEDにたどり着いた

枠の内側のストーリーは、
古典ギリシアの話を絡めて書かれていて面白く、サクサク読めたけど
本当に『物語』って感じで
すごく感情移入するとか、
悲劇に衝撃を受けるとか、ってのはイマイチなかったけど
でも、王は何気にかっこいいw(←読み方が邪道(^^;)

枠の外に戻って、白鳥兄妹に悲劇が起こるんだろうな~と思って、わくわくしながら(←オイ
読んでたら
そこで終わりかいっ!!

それは又、別の話・・・・・ってな感じでしょうな・・・

でも、これはこれで1つの作品として面白かったっすw


Talisman ~タリスマン~ 公式サイトさんの
Talisman ~タリスマン~
舞台は魔法都市ダリル。魔法の名の元に発展した巨大な都市です。
このゲームでプレイヤー(貴女)は自由に世界と時空を越えられる
時属性の女の子となり、現代から世界と時空を越えて
魔法都市ダリルにある魔法学院シルの寮で1週間
集中教育の生徒として過ごすことになります

学園モノ、という感じではないかもしれません。
外へ出歩いたり、キャラとカフェへ行ったり…。
選択肢によって特定の人と親しくなれば、ラブED へ進んだり
更に、特定条件を満たすことで、2周目以降に登場する隠しキャラもあり。

プレイヤー(貴女)の分身である『主人公』の顔や年齢設定は無く、
常にプレイヤーの視線カメラ方式(あるいは顔隠し画像)。
文章も細かい描写を削除して、出来るだけ簡易的に手直しし
それぞれのプレイヤーが持つ『想像』の中で動きやすい様に制作しています。
各キャラに感情フラグなどもあり、シミュレーションゲーム的要素も含んでいます。

…貴女の想像の力を借りて、彼らと貴女だけの物語を紡いでいけますように…

乙女 ノーマル恋愛 ヴィジュアルノベルADV

エンディングは全部で11種類。
メインキャラ4人+隠し2人
メインキャラは相手から告白してくるEDと
タリスマンの知識があると主人公から告白して、主人公の世界にお持ち帰りED

面白かった♪

期間は1週間で短いな~と思ったが、すごい凝縮した内容だった~
攻略キャラはそれぞれ背負っているものがあり、どのキャラもいいw

タリスマンの知識があるEDは
それまであまり特徴のないと思っていた主人公の強い意志が見えてオオーw(*゜o゜*)w

でも主人公の世界に連れて行くEDって
「戸籍はど~する!?」やら
「やっぱ長くつきあったら熱が冷めちゃった、ごめんね~(^^;)」とはとても言えないやら
そう考えると、やっぱ1週間って期間は短いような気もするよな~
な~んて考える自分は汚い大人なのかっ!?(←真剣に考えすぎw
それに闇空のイベントにいたるには、
攻略キャラがそこまで主人公に惹かれていたのか?と、ちと思う

攻略キャラで
特にお気に入りはスカイ
スカイは愛想がないが、こういう人を落とすのは楽しいw
実はマジックドールだったスカイ
私は人形系が好きなのか~?
感情を持たないはずなのに感情を持ち始めてとまどう姿がいとしいw

タリスマンEDのほうでは
主(マスター)がいなくなることに戸惑う時に
「じゃ~私を主と思えばいいw」と思う私って・・・
スカイから告白EDでは
「子を成すことも出来る」発言に(゜m゜*)プッ

ところでボイス有バージョンでゲームをしたんだけど・・・。。。o(゜^ ゜)ウーン
自分の場合、脳内妄想声(←なんじゃ、そりゃw
に、したほうが良かったかな~
林檎坂通信さんの
Does Anybody Really Know What Time It Is ? 「ガラスの中の少女」
11の人格を持つ解離性同一障害の患者の、妄想の中の殺人事件。
だが現実と妄想とが徐々に交錯してゆき、
主人公の周辺で異常な事態が起こり始める。
多重人格をテーマとしたサイコホラー。

途中で取得したキーワードを使い、クライマックスでの文章穴埋めによってエンディングが変化。
したがって最初のプレイでのクリアは事実上不可能。
(エンディングはトゥルーとバッド、2種類)

最初あまりに怖かったら途中で辞めようと思ったけど
無理!無理~~!!ってなこともなく出来たw

謎解きをするのがミステリーっぽい
でも、ミステリーと考えると、正解にたどりつかない時に死に至るのがわからんので
そこらへんはサイコホラーなんだろうな

もうちょっと現実でどんでん返しがあるかとも思ったけど・・・・w
しかし、それなりに謎解きにてこずりもしたり
それなりに雰囲気があり、面白かった


TRUE REMEMBRANCEさんの
送電塔のミメイ
廃墟離島と呼ばれる、小さな島がある。
誰にもかえりみられることなく、寂しげに浮かぶその島には、化け物が出る。
化け物は島のあちこちにわき、人の念を喰らっては形を成す。
名を、コゴリ鬼という。

役目を負って島を訪れ、コゴリ退治に挑む娘・ミメイ。
彼女の歩みと、送電塔が建つ島に暮らす人々の姿を描いた物語。

一般向け・分岐なしサウンドノベル

(↓ネタばれ含む)

『TRUE REMEMBRANCE』の作者さんの作品とあって期待してやったけど
期待を裏切らない出来だった~

多少淡々とした感のあるあの文体好きだ~w
ストーリーは『TRUE REMEMBRANCE』で、どんでん返しがあったので、
この作品もそういうのがあるかなと見ちゃうので、
真相が分かって、予想もしてなかった、すっごい衝撃的だった・・・ってなことにはならなかったけど、
それを上回る物語の運び方、見せ方の上手さがあるなぁ~

キャラも実にいい
その分好感をもつほど残酷な設定とも思うが・・・・(´Д⊂グスン
本物のミメイ=コゴリ鬼ミメイと思えば
最後はハッピーエンドを予感させる終わり方だけど
どうも自分の中では、コゴリ鬼ミメイを別物1個人と思っちゃって哀れでならない・・・・;;


*AB complexさんの
白学ミス研漫遊譚~京都夜幻抄~
修学旅行先の京都で幽霊が出たという噂。
3年前修学旅行中に行方不明になった生徒。
白銀学園の(自称)ミステリー研究部のメンバーが、それらの謎を探るべく奔走する。

AVG(アドベンチャーゲーム)

ミステリー物かな~?とゲームを進めると
(‥ )ン?ホラー物?伝奇物?って感じだけど
どのジャンルに分類しようとチト物足りなかった・・・・(^^;)

良く言えばライト感覚
選択肢によりミス研仲間と仲良くなったり、刑事さんと仲良くなれたりのEDがあって
特に男性人とはもうちょっと深く仲良くなりたいわ~wって思うが
落としゲーじゃないし、その物足らないところで終わってるのがいいのかもねw

でも五百川さんとはもっと仲良くなりたかったw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。