自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Sherica+さんの
月葬の城
遠く岩壁の上に、村から孤立した城がそびえたつ。
「黒月(ヴァール)の城」と呼ばれるそれは、
昨年まで国の上皇が隠居する城だった。
今はあるじを亡くし、皇王の命により代理人が治めている。

主人公は、修道院で静かに暮らす「聖女(イスタ)」。
ひと月前、ある大切な儀式をしくじり3年分の記憶を無くしている。
十四才から十七才まで――自分がどこで何をしていたか、
彼女は何も覚えていない。
そんな時、一通の手紙が届いた。

『イスタよ、城へお戻り下さい。
 黒い月があなたをお待ちです――』

儀式の失敗以来、
修道院にすら居場所のなくなった主人公は、旅に出る決意をする。
「黒い月が待っている……」
その言葉に、なぜか胸をつらぬく哀しい痛みを覚えながら。

乙女ゲー(ゴシック・アドベンチャー・ノベル)

↓ネタばれ有

まず絵の綺麗なことに惹かれるが
文章もそれに合ってる
ストーリー的には・・・・妹のインパクトが強いw
でもこいつは裏があるなってのが見え見えなんで
もっと上手く隠して最後で驚かされたかったかな

本来のストーリーは主人公とノエルの恋愛がメインなのに
主人公は心の優しい良い人
騎士はストイック感が良いwけど妹の存在感に負けてる

でも上質なゲームだと思う
バッドED バッドED2 トゥルーEDどれも悪くない
自分的に萌えはなかったけど・・・・

とくにバッドED2で
ノエルが
「・・・・今は、眼を開けてくれ。
 もう一度だけ、俺を見て・・・・・・笑ってほしい」
ってとこで

ノエル~~~死んじゃうEDかよ~
。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
・・・・・・・・・でもこのCGカワイイ・・・(←鬼畜w
とか
てか、この場面で主人公が眼を開けても笑えるはずがない
てか、笑ったら怖いだろw

てな事を考える私にこのゲームに浸る事も、語る資格もない・・・・
スポンサーサイト


カナイアンゼンさんの
藤原家の事情
大学生の島村晴人(しまむら はると)が、
不本意ながら三人の兄弟の住む藤原家へ家政婦しにいく
家政婦シュミレーション(?)ゲーム。

そこでみんなのお世話して、仲良くなったりならなかったり・・・
晴人が、掃除・洗濯・夕飯作りなどをすることで、
三人の好感度が上がっていきます。
時には、大学の課題を見てもらうこともあります。
(三人とも頭がいいので)

ほのぼのBLゲームです。

最初は愛想のないキャラ達
狙ったキャラをΣ(;゜0゜;)ー ̄)ストーカーのように
居る場所に通い詰め
相手の気に入る返答をする(←たまに自分が卑屈になる・・・
基本的なシュミレーションゲーム

だいたい10日で落とせる、サクッと遊べる
しかしこれがツンデレってやつですか?(←定義がよくわかってない(^^;)
最初は買い物に誘っても、課題を見るの頼んでも
断られるのが、段々相手が嬉しそうにしてくれると
( ̄  ̄)………( ̄ー ̄)ニヤ (←めちゃくちゃ怪しいw

原家の人々
■藤原道彦(みちひこ)
小説家 28歳
ひょうひょうとしていて、いつも落ち着いている様子だが・・・

小説の締め切りが迫ると、切れる、愚痴るw
普段は和服だけど洋服のスチルは若いwカッコイイw

■藤原 透 (しゅう)
小学五年 11歳
あんまり人になつかないけど油断すると子供っぽさがでる。

小生意気でカワイイw
甘々ムードは、まだまだ今後のお楽しみって感じだが
秀君は成長したら、年下攻めになりそうな予感~  ̄m ̄ ふふ

■藤原 和 (やまと)
高校二年 17歳
無口であんまり表情に出ないので、何考えてるかわからない。

最後にとっておくのは自分的にお楽しみの人♪
無愛想で、やる気なしな美形・・・こりゃもう落とすしかないっすw

愛想なしな奴がちょこっと笑ったり照れたりするとオオーw(*゜o゜*)w
(↑美形は特だな~w

3人ともイベントCGが良い♪
出来たらCG閲覧できるオマケがほし~


*Refrain*さんの
夏夢海詩(ゲームDLはこっち
幼馴染みから届いた一通の手紙。
差出人の少女・瑠衣と、その手紙を受け取った主人公の才介。
夏という季節と、故郷の町を舞台に物語は展開していきます。

マルチエンディングアドベンチャーゲーム

最初は選択をわざとはずして
久しぶりに故郷に帰って、幼馴染と再会して普通に過ごし、さよなら・・・・に

ところで、おまけ機能のEDリスト
とりあえず1個クリアすれば使用出来るかと思ったが
何個クリアしても
現在はご覧になれません。
ヽ(`⌒´)ノむっき~  いつご覧になれるんですかっ
トゥルーEDまでいくと見れるようになったが
トゥルーEDは最後までとっておきたい私には非常に不便なんだがっ

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…


深く関わっていくと
主人公が瑠衣ちゃんと昔、交わした約束や
一見、昔と変わらない瑠衣ちゃんが抱えている問題が明らかに、
そんで主人公がもっている特殊能力の活躍
面白い♪

主人公かっこいいw
普段は意地悪くさいが、いざって時、頼りになる感じが好きw

途中のトゥルーEDと違う選択で
瑠衣ちゃんに「好き?」と問われて照れてちゃんと言えない時は
ボケッ!!そこは照れたり、照れ隠しに殴ったりするとこじゃないだろっ
ちゃんと真剣に応えるとこだぞ~と思ったが

トゥルーEDではアイス売ってる店のおばちゃんに
仲が良いのを指摘され
瑠衣ちゃんがて焦って「そういうのじゃ(恋人同士じゃ)ないよね?」と言うが
「違うのか?」と、サラっというあたり(*ノェノ)キャー


少量だけど、時たま出てくるCGはいらないかと(^^;)


魔法道具屋『銀の鈴』さんの
夜想曲
カルデラ湖が大半を占める――――フランベルグ王国。
そこは、モンスターの数よりも、
盗賊の数の方がはるかに多い、とても治安の悪い国。
幼い頃、野盗に襲撃されていたところを、
ラーファス王子に助けられたルーン。
孤児となった彼は、使用人として、
城に住み込みで働くことを許される。
その中で剣の才を認められ、彼は自ら、騎士隊への入隊を志願した。


淡々と繰り返される日常
それが 世界のすべて・・・
非力な子供たちは
ある日 ひとつの誓いを立てた
この世界の中 生きてゆく そのために

ボーイズラブ風味AVG 王子と従者の物語w

(↓ネタばれ含む)

本当に日常を淡々と繰り返すゲームだった(^^;)
ところどころルーンとラーファスの出会いが回想であるけど
特に事件が起きるわけだもなく、そして唐突な、なんだ~それは、な、終わり方・・・・・

なのに、3個のED見ようとしてるうちに愛着がw
キャラがカワイイw
ボーイズラブそのものじゃなくボーイズラブ風味なところがいいねw
王子と従者もいいねw
ストイックな感じが・・・( ̄∀ ̄)イヒッ

しかし、キャラもストーリーもほんわか~って感じなのに
ハッピーEDがない!!
3個目のEDで絶対2人とも助かってハッピーEDになると思ったのに・・・・
ルーンの馬鹿~
ラーファス1人にするなよ~自分も助かれよ~(´Д⊂グスン


WOSAKANA.HPさんの
homeless, the vagabond
津田啓という放浪演奏者の生活スタイルに惹かれ、
小田原塔子と六深菜は彼と一緒に放浪旅行を始める。
浮浪者の青年たちがいろんな街で演奏したり、
あれやこれや話している様をじっと見つめるノヴェルゲームです。

青春放浪ノベルゲームw

物語の冒頭、
主人公が電車で財布をなくした時の車掌との会話辺りで
「私はこのノリについてゆけるのでしょうか・・・・?(^^;)」
と、不安を覚えつつ進んでみたが
面白かった♪

放浪演奏者って設定の主人公もめずらしい
しかし、この主人公に好感がもてる
ギャグやボケツッコミ会話が多いが
ちゃんと話を聞いてほしい時は、聞いてくれ真面目に考えてくれる彼はいい^^
自分の話は聞いてもらってるくせに
女の子がちゃんと話しを聞いてほしい時に、ふざけてる奴だと
一気にテンション下がるが
この主人公はちゃんとそこらへんが判ってるのだ~
女の子2人と生活しててもエロい方向に思考がいかないところもいいw

エロゲー前面でそれが売りなら
エロ思考も清々しいが
真面目な話なのにエロ方向に展開されるとヽ( ´ー`)ノフッって感じになるし
(NETANNADは↑な感じだった)

選択によって3つのEDがある
そのまま3人で放浪演奏が続くED
塔子ED
深菜ED

そのまま3人で放浪演奏が続くEDは
女の子2人との微妙な関係を保ちつつのED
これ好きだな~まだ青春は終わらないって感じで

女の子2人のEDは
ちょっと青春が終わった後の感じが描かれてて、ちとびっくりした
そこまで書くあたりがすごいと思った
塔子EDはいい!
個人的には深菜の方が好きなんだけどw

女の子2人のEDで
主人公が放浪をやめて就職してたりして
放浪していた時のことを過去の青春を振るかえるような描写がある

確かに地に足が着いていなくて、若い時にしか出来ないよな~と思うが
だからといって、若いから出来るかと言われるとなかなか出来ない
長期休みに全国周ったって言うのと又わけが違う
生活費を得ながら・・・てか生活がそれって言うのは、やっぱ出来ない
生き生きとしている彼らに憧憬を持ちながら
やっぱり社会に組み込まれた生活を送るのだったw


禁飼育さんの
さくっとパンダ(第三部)~妄想交響曲~
師匠と別れて1年後、忙しい毎日を送る主人公だが・・
連載物、第三弾。

乙女妄想入りバイオレンス伝奇ノベル

(↓激しくネタばれ有)

サイトさんに(たぶん)注意書きがなかったみたいだけど
(たぶん)R18サウンドノベル

てか、これで乙女ゲーとぬかしたら乙女が泣くぞw

一応
乙女ゲーという名を悪用した鬱と猟奇と惨殺
・・・が好きな方。
暇潰しにやってみてはいかが?
と、書いてあるが・・・

冒頭は、こたつのバイトの日常から、三毛との遭遇で戦闘やら
師匠と偶然の再会で遊園地へ行ったりやら・・・
なんか、
こたつの、相手にツッコミ(←会話だ)満載すぎで、引いた

前回で三毛と和解出来るかな?と気をもんだけど
あっさり(でもないかもしれんが)和解するし
しかし、ちゃちい和解の仕方だな~( -_-)フッ ヌルイぜ・・・・

(-_-;ウーン 今回イマイチ?と思った・・・・がっ!!

健ちゃんの回想あたりから面白くなり始め
「やべ~明日も朝、早いのに・・・(^^;)」と思いつつ・・・・
最後まで、更に追加シナリオまで一気に読んだ

(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)
ヌルイとか思って、ごめんなさ~い((+_+))

・・・・・師匠・・・・・
マジですか~?あそこまでやるとはマジ思わんかった~
てか、こたつ、生きてるか~?
てか、お母さん、なぜそんな危険な方のところに娘を修行に出すかな~?
でも三毛はやっぱ、あんな奴で安心したw

次回で全ての謎と辻褄は合うのか!?
乞うご期待♪


FORTUNEさんの
阿蝶(アルムバタフライ)舞闘編
物語は遙か未来の地球。

女性のみに感染する悪性ウィルス「エバ」によって、
30億人もの女性が死に絶えた。

世界は混乱に満ち、度重なる戦争のはて、
人類は生きのこった女性を月面に隔離する決定を下す。
それにより、あろうことか、地球には男性しかいなくなった。

そして、200年後。
多くの男性が子孫を残せずに死んでいくなか、
選ばれた男性のみが女性を手に入れることができるようになる。

この物語の舞台は、男性を選別する特殊学校「アルクトス」である。
急遽入学を許された阿(アルム)は、
そこで生徒同士が闘い合うというアルクトス独自のルールを知る。

月面へ、そして、生きのこるために闘う生徒たち。
アルムは果たして生き残ることができるのだろうか?

◎ゲームの目的          
アルクトスで過ごす3ヶ月の間に
特定の人物と親しくなることが目的です。
※卒業することが目的ではありません(汗)

全年齢向け(女性向け)アドベンチャーゲーム

女性向けだが、乙女ゲーじゃない

主人公が♂で、仲良くなるのも♂
だからBL好きのほうが、喜びそうな内容かもw
だからといってBLゲームでもない
恋愛じゃなくて友情を深めるのが目的だから

舞闘編(フリーゲーム)ではサーファン(紗)とシェイル(貝)が攻略対象に出来るらしい

↓ネタバレ含む


主人公アルムが、明るい性格で屈託がないってだけじゃなくて
話を進めていくと
日本にいたときの、つらい過去が徐々に明かされてくるけど
これが結構泣ける(´;ェ;`)ウゥ・・・
そのエピソードがあることによって
アルムが、紗でも貝でも親しくなってくると
大事な人(親友)になりたいという感情に納得できる

ゲーム的にも
Σ(;゜0゜;)ー ̄)ストーカーのように仲良くなりたい相手を、ロードを駆使して探し当てたり
育成、戦闘があったりで気が抜けないあたり、面白い^^
嫌になるくらい面倒くさくもなく、ぬるすぎでもなく、ちょうど良いバランスだし^^


紗から攻略したけど
紗はもっとクールかと思ったが、案外に素直?w
ゲーム冒頭でアルムと相棒になるけど
紗と親しくなっていくと過去に相棒を亡くしているのが明らかになって
それと、主人公の過去のエピソードもあって
2人が最後に本当の相棒で親友になるあたりは、結構感動的

そんで貝攻略
登場人物紹介では
女のような外見をしているため、アルクトスで攻撃の対象となることが多い青年。
つかみ所のない性格。

どんな攻撃の対象になってるんだ  ̄m ̄ ふふ
と、思える初めての出会いw
この時は耽美系キャラかと思われたが
次に逢った時には( ̄∀ ̄)イヒッの笑いで、そのイメージを覆し、
そしてその正体はアルクトスの長老って・・・・(^-^;
一筋縄でいかない相手は紗よりも貝であったか~w
エンドロールの2人の様子は微笑ましいw

出来ればイベントスチルがほしかった・・・
でも全年齢向け(女性向け)アドベンチャーゲームだから
男同士のスチルを見ても楽しくないのか?・・・


easelさんの
魔女の遺言
「迎えに来ました、魔女殿」
    
大陸のほぼ中央に位置する、イルーツクという名の共和国。

偉大な『本物の魔女』の一人であるペリテは、
共和国を襲った大嵐をも静めたと言われています。

大嵐から27年。

魔女ペリテはこの世を静かに去りました。

魔女が遺したのは共和国評議会に届けられた一通の手紙。
そしてもう一つ、
『本物の魔女』の力の全てを受け継いだという、19歳になる孫娘。
偉大な魔女の手紙と、彼女の孫娘を巡って、
共和国評議会が動き始めました。

とある日、何も知らない孫娘の元に評議会の使いが訪れます。


「魔女って、誰のこと?」
魔女の孫娘は、魔女でもなんでもなかったのです。

主人公は(半強制されて)都に向かう旅の途中で、
祖母の真意に気付くこととなります。
その旅に(半強制的に)ついてくる男性キャラと結ばれるも、
無視するも自由です。

相手キャラによってエンディングは変わりますが、
バッドエンドはありません。

女性向けノーマル恋愛アドベンチャーゲーム

このゲームは全年齢版と、15禁版があるが
私はもちろん、15禁版w

すごい久々に乙女ゲーをした~
これは、なかなか正当な乙女ゲーだった
(しかし、ゲーム起動して(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!したのは
男のキャラがマッチョ・・・っつーか、体格良すぎっ、もうちょい細身にしてくれ~)


メインの攻略キャラ4人で誰を最初に攻略するかな~と思って
お試し版だったときの人気アンケートを参考に

カーク   21
ユージュ  84
エイリ  22 
リックス 74

それと登場人物を参考にして
まずはエイリから・・・(萌えなさそうな順から・・・ゴメンよエイリ・・・w

■エイリ
穏やかだけど強引なところがあると登場人物の紹介であるけど、どうよ?
かな~り強引な気がするけど(^^;)
敬語で話してるから穏やかに聞こえるのか?内容はズバズバ言ってるのにw
私的には、それがいいんだけど~(*'ー'*)ふふっ♪
思ったよりお気に入りにw

■カーク 
最初は好意が、わかりずらい~
本人は主人公を心配しての態度らしいが、どうしても怒ってる様に見える~
かなり親しくならないと、厳しくて怖い人にしか思えない~
しかし、彼の好意がはっきりしてる中盤~エンディングは好き♪
ってか、朴念仁な彼が一生懸命だと、一番萌えたかもw


■リックス
何事にも動じなさすぎw
いや、それがクールで良いっちゃ、良いんだけど~
しかし、どっかしらで動揺しまくる彼をみてみたかった・・・・

■ユージュ
最後まで期待して残していた彼だが、
この頃には食傷ぎみに・・・(^^;)
皆、同じ流れなんだからかな~
1人づつ、まるっきり違うエピソードがあってもいいんじゃないかと思われる・・・
彼がたまに「~っての」という発言をすると
「~っつの」の三国無双の凌統を連想してときめいたが・・・それも又違う気がするw

■隠しキャラ
好きw
これくらいガシガシ攻めてこられると、いっそ清々しい^^


ってか、「隠者のアンテロープの攻略がないって、どういうことっ」と言いたい・・・
ってか、もっと砂吐くほど甘々がいい
ってか、15禁シーンでも悶絶しない自分をなんとかしたい・・・(-_-;)


ねこまみれ’さんの
魔傀儡1話-虚ろい記憶と確かな約束-
・いたって適当なあらすじ
主人公が背後に忍び寄る魔物を
あやめと一緒に倒したりする話。
適当すぎた。


R18の連載ノベルゲームの1話

伝奇物っつ~か、バイオレンス物?
オタクギャグ満載の浪人生活を仲間と共に送ってる生活から
バグという魔物に取り付かれた為
魔物退治をしなきゃいけないはめに・・・って感じの話
(↑これもかなり適当だが・・・w

エロ有り、グロ有り、触手有り~~
いや~バッドEDも含め、面白かったw
今後の展開、楽しみだ~

これで主人公の立ち絵がクリア後のおまけででてくる
主人・公太のようだったら、もっと感情移入してたような・・・
立ち絵は大事だよ~♪
とかいいつつ、登場人物それぞれキャラのアクが強いけど私は好感もてたが

しかし「ちょっと、あの場面を読み返したい」って思っても
既読の読み飛ばしとか出来なくて、めんどいっす・・・


グロビュールさんの
cubic3
僕は誰? 君は誰? そいつは誰?
今は何時? ここは何処?
始まりは、いつも闇。

「cubic3」の物語は、僕が語るあのときの話です。
あのときの僕は、
真っ暗な場所で、
記憶を失った状態で目覚め、
姿の見えないそいつに出会います。

あのとき、僕とそいつは、何をしたのか。
そして僕は、その話を誰に、いつ話しているのか。
ひとつのエピソードを見ただけでは、
それら全てを知ることはできません。
幾つものエピソードをプレイするうちに、
全ては繋がり、一つの物語となるでしょう

短編伝奇風サウンドノベル(プレイ推奨年齢は18歳以上)

パズル的な楽しみをどうぞ.と、書いてあったから、もっともっと複雑かと思ったけど
ストレスを感じさせないくらいの、丁度いい感じの長さだった
内容整理にエンディングリストは欠かせないっ

ストーリーは最初に暗闇で目覚めて、記憶がなくて・・・
ちょっと怖そう?・・・・と思ったけど
グロかったり、18禁なこともあるけど
直接的描写はなくてサラっとしてる感じだった
内容よりも、ロジックを追求してるからかもしれないけど
てか、サラっと書かないと個人が特定されるしな~

最後で1つの話にまとまると
なかなかすごい世界なのに何気にノンキ・・・な気がするが・・・でも、それがいいw


PlatinaCrossさんの
朽ち果てた沈む空の祈り 未完篇
濁ることすら無い、鈍色の空は余りにも遠く――――

目覚めた僕は、全ての記憶を失っていた。
此処では歪む病と、崩壊する国々の戦いが、
世界を色のないものへと変えている。

遠い記憶の中の銀色。
確かなものは唯、淡い罪の痛み。

沈みゆく朽ち果てた世界で、
僕は還る場所を探す旅を始める。

BLサウンドノベル・18歳以上推奨(エロス無し)……

完結篇(有料)の約半分以下らしいけど、総プレイ時間八時間~十時間程度(^^;)
この『未完篇』のみでも物語として成立している

未完篇で見れるEDは『朱』 『錆』 『雫』らしい

『朱』
主人公は孤独な孤児の少女と出会う。
荒廃と滅亡の中、それでも確かに存在する安らぎや幸福。
小さな街でそれらを求めながら、彼等の生活は始まる。
同じ罪、疵痕の痛みすらも知らぬまま―――

『錆』
主人公はせこい犯罪を犯して刑事のおっさんに捕まってしまう。
彼は主人公を歪み患者だと言い切り、
適切な治療を受けるため連邦首都迄連れて行って呉れると言う。

『雫』
主人公は街のチンピラにボコられている処を町外れに住む牧師に保護される。
人嫌いらしく慇懃で無愛想な牧師は、重度の歪み患者だった。

『錆』が良かった~
刑事のおっさん、蘇芳と
『錆』では、なんとなく庇護欲そそる主人公(←と、思うのは私だけ?w
この2人の連邦首都までの珍道中・・・・(←違うっ!

BLではなく、一般的な話として読める
2人の間に恋愛感情はないし・・・
がっ!!BL好きをも喜ばすこの内容w
いや~っ好み変わったのかな?
昔だったら『雫』で出てくるセブンがカワイイwてなりそうなのに(^^;)

『錆』のバッドED2つを終え、トゥルーEDはいかに・・・・
でもこういうのもED好きだったりして(T-T*)フフフ…
LANGuexさんの
忘れものと落し物
そのゲームセンターに行くと、
一人でゲームをプレイしている彼女を見かけることがあった。
僕はいつの頃からか、彼女に心惹かれていた

18禁ノベルゲーム

18禁の恋愛物~と進めていくと・・・何かが違うw

冒頭は普通の中学生の主人公がゲームセンターでよく見かける女の子に
がんばって声をかける微笑ましい展開からはじめる
でも彼女はなにか秘密がありそう・・・・
と、読み進めると
なんか、この主人公にも何かありそうだし・・・
とんでもない展開になりそう~と、ハラハラしながら読んだw

このハラハラ感は18禁の恋愛ノベルじゃなくて、ミステリー感覚w

後半は折原一を読んでるんじゃないか?と思うほど
叙述トリックの真相が解明されていく
小説だと残りのページ数でこれで終わりねって判るけど
こういうゲームだと
まだ終わりじゃないの?まだ続きのどんでん返しがあるの?まだなにかあるの?と
どこまでもハラハラ出来るところもポイントw

18禁ノベルゲームって言うのとは違った方向にだけど楽しめたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。