自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


WhiteFlameさんの
時流
大学生の流木東馬。
本来の姓は「五条」だが、幼い頃に両親を含む一族全員が死亡する事故があり、父親の友人でもあった流木神社の神主「流木十兵衛」の養子となった。
流木氷花は十兵衛の娘で、東馬の幼なじみ。
流木家に伝わる武術「聖護院流」において指導者クラスの腕前を持ち、稽古で毎日、東馬を叩きのめしている。

物語の舞台となるは戦後、学園都市として発達した、人口30万の都市「天吹市」。
天吹市の成り立ちには、「御三家」と呼ばれる存在が深く関わっている。
御三家は、その正体も実態もすべてが謎に包まれている。
とある理由で御三家について調べていた久御山梓は、
「流木」「五条」という姓を持つ者が御三家に関係していることを突き止める。
五条家は「鬼」「異能の末裔」と呼ばれ、数々の伝説を残す御三家の中でも一際特別な存在らしい。
それにも関わらず、現在天吹市には五条姓の人間はひとりも存在していない。

調査の末、梓は昔からの友人である氷花と東馬が御三家の一員であることを知る。
さらに、助教授の時崎が御三家の最後の一角であることも……。
梓の調査をきっかけとして、物語は一気に動き出す。
東馬と氷花の過去、東馬の両親が行っていた研究の内容、さらに五条家の人間がことごとく失踪する謎の事件――。御三家にかかわる人間たちによる、殺戮と悲劇の物語が少しずつに明らかになってゆく。

1本道のオリジナルサウンドノベル

(↓ネタばれ含む)

なかなかボリュームのある内容で
最初は苦手な文体かな~?と思ったが
途中からそんなこともなくなった・・・・かな?

『時』を扱った謎が随所にある話で
鬼、異能、ヨモツヒラサカ、未来予知、無意識世界、ウラシマ効果・・・・・
そんな単語に、ウハウハになりながら
このループな世界の結末はいかに!?と
面白く読み進めた

しかし

(-_-;ウーン最後がよくわからん・・・
東馬は絶対鍵で
こるりの因果を断ち切ってゆがみが起こって
こるりは人工的な神から普通の女の子に戻れた?
雰囲気でなんとなく読めるが
イマイチ理解しきれてない・・・・(^^;)

もう一度整理w

先生の目的により時間の繰り返しは行われた

・死ねないこるりの因果を斬り、死ねる身体にするのが目的
・因果を斬れるのは絶対鍵を持つ東馬だけ
・東馬は繰り返されている時間の中で因果を何回か斬っている

聖護院(こるり)の因果が斬られる→時間の流れが歪む→同じ時間を繰り返す
同じことを何度も繰り返せるということは、幾重にも絡んだ因果を、何度も切り裂ける
■こるりは、時間の干渉を受けないから記憶が残っている?←まぁ、納得
■先生がこの状況を作るように仕向けたから、先生の記憶は残る?←(ー'`ー;)ムムッ
先生は異能だから?だったら東馬は?
■同じ時間を繰り返すなら、斬った因果は時間が戻った時に
再び、斬る以前の状態に戻らないのか?
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ...
斬った時点か、斬らなくても東馬が死ぬことで時間が繰り返すとなると
斬った時は、1つの因果が切れて今までと違う選択の時間を過ごすとして
東馬が因果を斬ることなく、死んだ時点で時間が戻ると
因果は切れてないから、まるっきり同じ選択を選ぶ時間が繰り返すことにはならないのか?
その時間を繰り返すと、
再び東馬は因果を斬ることなく死ぬ運命のみを繰り返すことになるのでは?
(ー'`ー;)ムムッ?
あ、でも東馬が因果を斬ってる時は、1本ではなくて何本か切ってるぽいから
他の選択をしている場合があるってことでいいのかな?

まぁ、しかし↑の先生の計画は失敗

実は鏑木(時流の修正者)により、世界はそんなに脆弱ではないと判明w
東馬が世界の罪を、断ち切る最後の一刀をふるう
こるりの因果を全て斬る
■この時に、こるり、死ねる身体になる?

岩盤が先生に・・・・・

鏑木が東馬に選択をあたえる
先生を助けるか?自らの命と引き換えにするか?
こるりが「私が助ける」といい時流の歪みの中に
■こるり、異能の全てを失う
↑の選択は何?
先生も、こるりもその後、皆の元に戻ってきてるようだけど
異能の者が飛び込む必要があったということか?
東馬が飛び込んでいたら東馬の異能が失われていたと解釈すればいいのか?
自らの命ってのとは、ちと違うんじゃないか?とも思うが・・・・

読み込みが浅いのかな~?他にもあれは、どういう意味?と思う点も多々あるが・・・
モヒカンギター男って何者?w
義一って一体何者?w
鴇乃の立場は?w

てか最後にこんな円満な結末なんてつまらないw(←鬼
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。