自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ReIce -second-さんの
終わりに見えた白い明日
少年と少女の平凡な日常を描いた物語。

二人の出会いから物語は進んでいきます。

ボーイミーツガール(?)ノベル。
主人公の性格が変ですが、徐々にシリアスになっていきます。

選択肢はちょこっとあるけど、ほぼ1本道ノベル

(※注意!ネタばれ有)

この作者さんの書く人物って好感もてるなぁ~

主人公の性格が変って言うのはこのノベルでは意味があったわけだけど
こういうノリが、ついていけない・・・・っていうのと
おk、おk、全然大丈夫っスよ~っていうのと
こっちはこうだからついていけなくて、
こっちはこうだから、おkなんだな~って、その境界線を自分で把握が出来ていない(^^;)
この作品は全然おkだったw(私は大体はおkなんだけどね)

普通の恋愛ノベルでなく
作中の世界の謎や、登場人物達の秘密めいた物など有り、非常に面白かった
お婆さんの最期から、主人公が狂気から正気を取り戻す下りは(T_T)

話が終わってから又クリア後の読み物が追加されたんで
余韻にひたれない~と思ったが、裏切られた(良い意味で)
透~(T_T)

権兵衛と紅には希望ある世界が見つかるといいな~と思うが
お互い大切な人と出会えたことだけでも幸せなことだよね

その作者さんの書く主要人物って基本的に『White Epilogue』でも今作でも
たとえ最後に悲しい結末でも、温かい気持ちがある
・・・・・だけど~
何故か、いきなり悪意と残虐で最後を迎える話とか作りそうで
怖い気もするんだよね・・・だから、ハラハラしながら最後どうなるんだろ?って
読み進めていくってのもあるんだけど

何でだろ?『White Epilogue』の特典『一期一会』のせいかな?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。