自作のフリーゲームをやった感想を書いてます ※思いついたままの感想なので ネタバレが含まれている事が(多々)あります
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Ray Official siteさんの
魔歌使い
出版社を経営する白鳥(プレイヤーキャラ)は、アメリカで社会現象にまでなったベストセラー「MUSE」を日本で翻訳・出版する契約のため、渡米する。
正体不明の覆面作家である「MUSE」の作者「M」は、白鳥の前に姿を現して、こう告げた。

「これから私が語る物語の結末を、悲劇に導いて下さい」

そして、「M」は歌い出す。
王と、奴隷娘と、塔に幽閉された詩人の、奇妙な恋物語を。

ゲームの目的は、いくつかの選択肢を「正しく」選んで、物語の結末を悲劇に導くこと。
枠物語幻想ノベル。

※ 当作品は一部残酷描写を含みますので、苦手な方はご注意下さい。

枠物語幻想ノベル

6個のED
選択肢は多くなく、この選択だとこのEDになった、
じゃあ、もう一個の選択したらどうなったんだろう?と
ロードして他の選択をすると違うEDになり
ストレスなく全てのEDにたどり着いた

枠の内側のストーリーは、
古典ギリシアの話を絡めて書かれていて面白く、サクサク読めたけど
本当に『物語』って感じで
すごく感情移入するとか、
悲劇に衝撃を受けるとか、ってのはイマイチなかったけど
でも、王は何気にかっこいいw(←読み方が邪道(^^;)

枠の外に戻って、白鳥兄妹に悲劇が起こるんだろうな~と思って、わくわくしながら(←オイ
読んでたら
そこで終わりかいっ!!

それは又、別の話・・・・・ってな感じでしょうな・・・

でも、これはこれで1つの作品として面白かったっすw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。